ヒツジ子先生の看護師国家試験予想問題146

【問題146】腹腔について正しいのはどれか。
1.腹膜腔には通常腹水はない。
2.小腸への血液の供給は腸間膜を経由して行われる。
3.腹膜に感覚神経はない。
4.腹膜は半透膜で血管の分布が比較的少ない。

正解 2

解説 選択肢1

× 腹水は通常少量存在しており、臓器が擦れることを防ぐ潤滑油のような役割を果たしています。

解説 選択肢2

○ 小腸につながる腸間膜には血管が分布しており、小腸全体に血液を供給しています。

解説 選択肢3

× 感覚神経は密に分布しているため、腹膜炎では強い痛みを生じます。

解説 選択肢4

× 腹膜は血管の分布が豊富な半透膜であり、推定総腹膜血流量は50~100mL/分です。そのため、腹膜を使用した透析が可能となります。

★武田看護教育研究所のYouTube予備校にて、無料の学習動画を配信中です