ブタ美先生の看護師国家試験予想問題94

【問題94】悪性リンパ腫について正しいのはどれか。
1.非ホジキンリンパ腫よりホジキンリンパ腫のほうが頻度が高い。
2.ホジキンリンパ腫ではリード-シュテルンベルグ細胞をみとめる。
3.確定診断には骨髄穿刺が行われる。
4.Mタンパク血症が特徴的である。

正解 2

解説 選択肢1

× 日本では非ホジキンリンパ腫の頻度が高くなります

解説 選択肢2

○ 正しいです。

解説 選択肢3

× 確定診断にはリンパ節生検が行われます。骨髄穿刺、CTなどは病期を決定するために行われます。

解説 選択肢4

× 血漿中に特徴的なMタンパクが認められます。

★武田看護教育研究所のYouTube予備校にて、無料の学習動画を配信中です