ブタ美先生の看護師国家試験予想問題58

【問題58】パーキンソン病の治療・看護について正しいのはどれか。
1.L-ドーパを突然中止すると悪性症候群のリスクがある。
2.L-ドーパの薬効時間が短縮することをオン・オフ現象という。
3.原則全ての重症度で医療費助成制度の適応となる。
4.ホーエン・ヤールの重症度分類ステージⅤでは一側性に症状がみられる。

正解 1

解説 選択肢1

○ 悪性症候群では高熱、意識障害、振戦、筋硬直などの症状があります。

解説 選択肢2

× 薬効時間が短縮することはウェアリング・オフ現象といい、突然効果がなくなることをオン・オフ現象といいます。

解説 選択肢3

× 原則ホーエン・ヤールの重症度分類ステージⅢ以上で、生活機能障害度Ⅱ度以上の者が対象となります。

解説 選択肢4

× ステージⅠ〜Ⅴの5段階で、Ⅴが最も重症です。一側性(片方の手足のみ)に症状がみられるのはステージⅠです。

★武田看護教育研究所のYouTube予備校にて、無料の学習動画を配信中です