ブタ美先生の看護師国家試験予想問題187

【問題187】フィジカルアセスメントについて正しいのはどれか。
1.胸郭の前後径と横径の比は1:1である。
2.触診で温度を調べる際は手背を用いる。
3.声音振盪とは発声による喉頭の振動をいう。
4.聴診器の膜面は低調音を聞き取りやすい。

正解 2

解説 選択肢1

× 1:1.5~2であり横径の方が大きいです。

解説 選択肢2

○ 温度は手背が適しており、指腹は拍動や弾力などを調べることに適しています。

解説 選択肢3

× 声音振盪とは発声による胸郭の振動のことです。

解説 選択肢4

× 低調音はベル面、高張音は膜面が聞き取りやすいです。肺音などは高張音です。

★武田看護教育研究所のYouTube予備校にて、無料の学習動画を配信中です