ヒツジ子先生の看護師国家試験予想問題98

【問題98】ホルモンとその作用の組み合わせについて正しいのはどれか。
1.甲状腺刺激ホルモン ― 血中カルシウム濃度の低下
2.プロラクチン ― 射乳作用の促進
3.電解質コルチコイド ― 血糖値の上昇
4.インスリン ― グリコーゲン合成の促進

正解 4

解説 選択肢1

× 甲状腺刺激ホルモンは甲状腺を刺激します。血中カルシウム濃度を低下させるのは甲状腺ホルモンのカルシトニンです。

解説 選択肢2

× プロラクチンは乳汁産生を刺激します。射乳作用を促進するのはオキシトシンです。

解説 選択肢3

× 電解質コルチコイドは、ナトリウムイオンの再吸収とカリウムイオンの排泄を促進させます。血糖値を上昇させるのは電解質コルチコイドなどです。

解説 選択肢4

○ インスリンは、グリコーゲンを合成するなど細胞にグルコースを取り込ませることで血糖値を低下させます。

★武田看護教育研究所のYouTube予備校にて、無料の学習動画を配信中です