ヒツジ子先生の看護師国家試験予想問題3

【問題3】細胞性免疫に関与する細胞とその役割について、正しい組み合わせはどれか。
1. マクロファージ ― 抗原を貪食する
2. キラーT細胞 ― 抗体産生の指令を送る
3. サプレッサーT細胞 ― 細胞を攻撃破壊する
4. ヘルパーT細胞 ― 抗体を産生する

正解 1

細胞性免疫とは、抗原が侵入してきた際に、マクロファージやキラーT細胞が直接抗原を攻撃し、排除する反応のことをいいます。

解説 選択肢1

○ マクロファージは、細菌やウイルスを貪食する作用を持ちます。
また抗原を貪食した際に、体にとって有害であると判断した時、ヘルパーT細胞に情報を伝える役割を担います(抗原提示)。

解説 選択肢

× キラーT細胞は、ヘルパーT細胞からの指令を受けると、標的となる細胞を攻撃し破壊する役割を持ちます。

解説 選択肢

× サプレッサーT細胞は、免疫反応を終わらせる指令を出します

解説 選択肢

× ヘルパーT細胞は、マクロファージからの抗原提示を受けて、キラーT細胞を活性化させます

★武田看護教育研究所のYouTube予備校にて、無料の学習動画を配信中です