ヒツジ子先生の看護師国家試験予想問題131

【問題131】生体防御ついて正しいのはどれか。
1.マクロファージの働きは特異的防御である。
2.脾臓は一次リンパ器官である。
3.排尿は生体防御に関与する。
4.皮膚上はアルカリ性であり細菌の増殖を防ぐ。

正解 3

解説 選択肢1

× マクロファージは、いかなる抗原に対しても働きかける非特異的防御を担っています。

解説 選択肢2

× リンパ球の増殖や分化を担う骨髄や胸腺を一次リンパ器官といいます。

解説 選択肢3

○ 尿の流れにより、尿道などにおける細菌などの繁殖を防止します。

解説 選択肢4

× 皮膚や膣などの酸性の環境は、細菌の増殖を防いでいます。

★武田看護教育研究所のYouTube予備校にて、無料の学習動画を配信中です