キツネ先生の看護師国家試験予想問題93

【問題93】白血病について正しいのはどれか。
1.急性骨髄性白血病ではミエロペルオキシダーゼ反応が陽性となる。
2.急性白血病ではDICを起こさない。
3.診断と病型分類には血液検査が必須である。
4.急性骨髄性白血病ではフィラデルフィア染色体をみとめる。

正解 1

解説 選択肢1

○ 急性骨髄性白血病ではミエロペルオキシダーゼ反応は陽性となり、急性リンパ性白血病では陰性となる。

解説 選択肢2

× 急性白血病ではDIC(播種性血管内凝固症候群)を合併しやすく、特に急性前骨髄球性白血病ではほぼ必発である。

解説 選択肢3

× 骨髄穿刺が必須である。加えて染色体解析、遺伝子解析などが行われる。

解説 選択肢4

× フィラデルフィア染色体は9番と22番染色体の相互転座によって生じており、慢性骨髄性白血病や一部の急性リンパ性白血病などでみられる。

★武田看護教育研究所のYouTube予備校にて、無料の学習動画を配信中です