キツネ先生の看護師国家試験予想問題60

【問題60】アルツハイマー型認知症について正しいのはどれか。
1.CTでは脳梗塞や脳出血の所見がみられる。
2.パーキンソン症状がみられる。
3.前頭葉、側頭葉の限局性萎縮がみられる。
4.コリンエステラーゼ阻害薬が用いられる。

正解 4

解説 選択肢1

× 脳梗塞や脳出血などの所見がみられるのは血管性認知症であり、特に脳梗塞(低吸収域)が多くなります。

解説 選択肢2

× パーキンソン症状がみられるのはレビー小体型認知症です。

解説 選択肢3

× 前頭葉、側頭葉の限局性萎縮は前頭側頭型認知症でみられます。アルツハイマー型認知症では全体的な萎縮(特に海馬)を認めます。

解説 選択肢4

○ アルツハイマー型認知症では、アセチルコリンの働きが低下していることが知られています。アセチルコリンを分解するコリンエステラーゼを阻害する薬剤が使用されているためです。

★武田看護教育研究所のYouTube予備校にて、無料の学習動画を配信中です