キツネ先生の看護師国家試験予想問題45

【問題45】心不全について正しいのはどれか。
1.利尿薬の使用は禁忌である。
2.右心不全では肺水腫が見られる。
3.ジギタリスは心拍数減少作用がある。
4.大動脈バルーンパンピング(IABP)はバルーンを大静脈内に挿入する。

正解 3

解説 選択肢1

× 心不全では体液が貯留しており、症状の緩和目的として利尿薬が用いられます

解説 選択肢2

× 左心不全では心拍出量の低下、肺うっ血により、肺水腫、泡沫状血痰などがみられます

解説 選択肢3

○ ジギタリスには強心作用、拍数減少、利尿作用などがあります。有効域が狭く、ジギタリス中毒を起こしやすいため、血中濃度の測定が必要です。

解説 選択肢4

× IABPは大動脈内にバルーンカテーテルを留置し、心臓と同期させて拡張・収縮させることで後負荷を軽減させます。

★武田看護教育研究所のYouTube予備校にて、無料の学習動画を配信中です