キツネ先生の看護師国家試験予想問題42

【問題42】血管について正しいのはどれか。
1.アテローム状硬化は血管の中膜に生じる。
2.動脈の中膜は平滑筋である。
3.毛細血管に近い動脈を終動脈という。
4.閉塞性動脈硬化症による間欠性跛行は神経の圧迫が原因である。

正解 2

解説 選択肢1

× アテローム状硬化は血管の内膜にある内皮細胞が障害され、LDLコレステロールなどが沈着して生じます

解説 選択肢2

○ 動脈の中膜は不随意筋の平滑筋です。

解説 選択肢3

× 毛細血管に近い動脈は細動脈といい、吻合がない動脈を終動脈といいます。  

解説 選択肢4

× 間欠性跛行には神経性と血管性があります
閉塞性動脈硬化症では動脈硬化により狭窄が生じ、筋肉が酸素不足をきたすことで間欠性跛行となります

★武田看護教育研究所のYouTube予備校にて、無料の学習動画を配信中です