キツネ先生の看護師国家試験予想問題36

【問題36】ガスの運搬で正しいのはどれか。
1.肺でのガス交換は拡散によって行われる。
2.酸素は炭酸ガスよりも血漿中に溶解しやすい。
3.酸素分圧の低下でヘモグロビンと酸素は解離しにくくなる。
4.静脈血中に酸素はほとんど含まれない。

正解 1

解説 選択肢1

○ 肺でのガス交換は拡散によって行われます。
拡散は、濃度の濃いほうから薄いほうへ物質(分子)が移動することをいいます。
濃度に逆らわないため、物質移動にエネルギーを必要としないことが特徴です。

解説 選択肢2

× 炭酸ガスは二酸化炭素のことであり、酸素よりも血漿中に溶解しやすくなります

解説 選択肢3

× 酸素分圧の低下で、ヘモグロビンと酸素は解離しやすくなります
逆に酸素とヘモグロビンが解離しにくければ、末梢の組織に酸素を供給できません。

解説 選択肢4

× すべての酸素が離れてしまうわけではありません。
PO2(静脈血中の酸素濃度)の基準値は、40mmHgです。

★武田看護教育研究所のYouTube予備校にて、無料の学習動画を配信中です