キツネ先生の看護師国家試験予想問題33

【問題33】全身性浮腫を最も生じやすいのはどれか。
1.右心不全
2.バセドウ病
3.気管支喘息
4.潰瘍性大腸炎

正解 1

解説 選択肢1

 右心不全に伴う静脈圧の上昇により、全身性浮腫が生じます。

解説 選択肢2

× 全身性浮腫が生じるのは甲状腺機能低下症です。

解説 選択肢3

× 気管支喘息は、気道粘膜に腫脹や浮腫を生じ、喘鳴による呼吸困難を伴いますが、全身性浮腫は生じません。

解説 選択肢4

× 潰瘍性大腸炎は、腸粘膜に発赤や浮腫を生じ、粘血便による慢性の下痢を伴いますが、全身性浮腫は生じません。

★武田看護教育研究所のYouTube予備校にて、無料の学習動画を配信中です