キツネ先生の看護師国家試験予想問題213

学生の皆様へ

【問題213】小児期の発育について正しいのはどれか。
1.出生時は胸囲が頭囲よりも大きい。
2.10歳頃に骨端線が開放する。
3.新生児期は胸式呼吸がメインである。
4.1~3か月の1日の体重増加量は25~30gである。

正解 4

解説 選択肢1

× 頭囲のほうが大きく、1歳以降に逆転します。

解説 選択肢2

× 小児期は骨端線が開放されており、思春期頃に閉鎖し、伸長が停止します。

解説 選択肢3

× 新生児期・乳児期は腹式呼吸で、成長につれて胸式呼吸に変化します。

解説 選択肢4

○ 正しいです。3か月ごとに増加量は5gずつ減少します。

タイトルとURLをコピーしました