キツネ先生の看護師国家試験予想問題159

【問題159】薬物の動態について正しいのはどれか。
1.脂溶性薬物は血中濃度が持続する。
2.舌下錠は初回通過効果を受ける。
3.インスリンは内服できる。
4.結合型の薬物は血球と結合している。

正解 1

解説 選択肢1

○ 脂肪組織に移行した後、じわじわと血液に供給されるため血中濃度が持続します。

解説 選択肢2

× 舌下投与や直腸内投与は、肝臓での初回通過効果を回避できます。

解説 選択肢3

× 消化管で分解されるため内服しても効果はありません

解説 選択肢4

× アルブミンと結合している薬物を結合型、結合していないものを遊離型といいます。

★武田看護教育研究所のYouTube予備校にて、無料の学習動画を配信中です