キツネ先生の看護師国家試験予想問題15

【問題15】性周期について正しいものを選べ。
1. 卵胞期は約14日間と安定している。
2. 黄体期はプロゲステロンが高値となる。
3. 増殖期の子宮内膜は分泌期より肥厚している。
4. 基礎体温は卵胞期に高温相となる。

正解 2

解説 選択肢1

× 卵胞期は個人差があり期間が変動しやすいですが、黄体期は約14日間と安定しています。

解説 選択肢2

○ 黄体形成に伴い、黄体期ではプロゲステロンの値が高くなります

解説 選択肢3

× 分泌期の子宮内膜は、プロゲステロンの分泌により、増殖期の時よりも肥厚し充血します。

解説 選択肢4

× 基礎体温が高温相となるのは黄体期です。

★武田看護教育研究所のYouTube予備校にて、無料の学習動画を配信中です