キツネ先生の看護師国家試験予想問題135

【問題135】全身性エリテマトーデス(SLE)について正しいのはどれか。
1.抗2本鎖DNA抗体陽性になりやすい。
2.血小板数が異常に増加する。
3.腎機能が起こる確率は低い。
4.男女比は4:6である。

正解 1

解説 選択肢1

○ 自己抗体の抗2本鎖DNA抗体は80%以上で陽性となっています。

解説 選択肢2

× 自己抗体の攻撃により汎血球減少が起こります。つまり血小板は減少します。

解説 選択肢3

× 半数以上の症例で認められます。SLEに起因する糸球体腎炎腎炎をループス腎炎といいます。

解説 選択肢4

× 男女比は1:10で女性に多く現れます。

★武田看護教育研究所のYouTube予備校にて、無料の学習動画を配信中です